ドメーヌ・ドゥ・ラ・ブルジョネット

「歴史」

「よく観察し、見守ることでワインは美しい熟成を重ねる」

1946年、現在のオーナーの祖父であるマルセル・ピノーがロワールのティエールの地に5haのブドウ畑を買い、ワイン造りを始めました。

その後彼の父、ジョセフ・オリューがトゥーシュという地にブドウ畑を買い足し、20年ビオロジック農法を続けた後1991年、エコ・セールの認証を得て彼の努力は公に認められました。

「こだわり」

そして現在、オーナーのステファンが先代の知識と経験を受け継ぎ、ピュアでテロワールの個性を生かし、より幅広い種類のワイン造りを試みています。

「それぞれのテロワールの個性を熟知すること。自然を尊重し、また、ブドウが健全に熟成するための作業をすること。それがワインの個性を生むことに繋がる。そして、それこそが私の仕事であり、情熱である。」

ステファンは土壌の味を表現することに力を入れています。そして2014年には日本でも有名なサクラ・アワードで彼のワインは銀賞を取り、日本国内でも高評価を得ています。

Line Up

取扱ワイン

Muscadet Cuvée M

ミュスカデ・キュヴェ・エム

AOPミュスカデ
白・ドライ・ライトボディー
ミュスカデ100%

MENU